MENU

ヘッドハンティングされるにはどうすれば良い?

ヘッドハンティングされる人材になる方法&ヘッドハンティングされる方法
“攻め”の姿勢で転職しよう!

 

ビジネス系の海外ドラマなどでは、良く優秀な人材に対して大手企業などからヘッドハンティングされている場面が映し出されることがあります。

 

海外では、優秀な人材を確保するためにお金を支払うことを厭わないという文化があり、優秀な人材は例えライバル会社であっても、バンバンヘッドハンティングをされ、より稼げる職場に引き抜かれます。

 

「ヘッドハンティングなんて、欧米だけの話で日本なんて関係ない!」と思われる方もいるかも知れませんが、実際には日本でもヘッドハンティングによる転職は増加傾向にあります。

 

実際に、大手企業や外資系の会社からお呼びがかかるケースもありますが、就職サイトを通じて、ヘッドハンティングされる人の方が、日本では増加傾向にあります。

 

第一線で働き続けるビジネスマンにとって、ヘッドハンティングはある種の憧れ。

 

会社ではなく、自分の能力を買われ、転職出来るなんてまさしく理想の転職方法だと言えるでしょう。

 

それでは、そんなヘッドハンティングされるための条件や方法など、知られざるヘッドハンティングの世界について、ご紹介して行きたいと思います!

 

 

ヘッドハンティングをされるために、まず知りたい「ヘッドハンティングされない人」の特徴

「ヘッドハンティングされたい!」と思っていても、すべての人がヘッドハンティングされるわけではありません。

 

残念ながら、下記の方は就職サイト以外からヘッドハンティングされる可能性が低いので、ヘッドハンティング会社からヘッドハンティングされ、高待遇で転職したいのならヘッドハンティングされるビジネスマンになることを優先することをオススメします。

 


○ヘッドハンティングされない人の特徴

  • 就職して1〜3年以内の方
  • アルバイトやパートタイマーの方
  • 公務員として働いている方 ※一部除く

 

 

やはり、ヘッドハンティング会社は業界でも、そこそこ名のしれた実力者以外はヘッドハンティングを行いません。

 

だから、まず就職して1〜3年以内の新人ビジネスマンは、よほど優秀でないかぎりはヘッドハンティングされることはないので、まずはヘッドハンティングされるような優秀な人材になることを目指しましょう。

 

また就職して1〜3年以内の新人ビジネスマンは、就職サイトを使ってヘッドハンティングをする場合でも、ワンランク上の職場に転職出来る可能性は決して高くはないので、やはりある程度、実績を作っておかなけれれば就職サイトを使った場合でも、ヘッドハンティングは難しいと思った方が良いかも知れません。

 

次に「アルバイトやパートタイマーの方」も同様に、よっぽどな人材でない限りは、ヘッドハンティング会社からも、就職サイトからもヘッドハンティングされることは、まずありません。

 

現実的な見方としては、まず正社員か契約社員での就職を目指し、その後、ヘッドハンティングされるレベルの優秀な人材になることをオススメします。

 

そして、意外かも知れませんが、公務員の方もヘッドハンティング会社からのヘッドハンティングは難しい傾向があります。

 

やはり公務員の方の仕事内容は民間と異なるため、ヘッドハンティング会社でも評価が難しいことが、その理由の1つとして上げられますが、就職サイトを使った際のヘッドハンティングに関しては、その限りではないのでご安心ください。

 

実際に就職サイトのヘッドハンティング――「スカウト機能」を使って公務員から、民間の大手企業に転職された方は大勢いらっしゃいます!

 

なお、自衛隊や消防士・警察の方、地方公務員ではなく、国家公務員として国政に関わってきた方の場合は、ヘッドハンティング会社からヘッドハンティングされることはあるようです。

 

○ヘッドハンティングのQ&A その1

Q.ヘッドハンティングに年齢は関係がありますか?A.ヘッドハンティングに年齢は関係ありません!

ヘッドハンティングは、実力さえあれば、誰でもヘッドハンティングされる可能性があります。
若年層は、その実力を示すのが難しいので、なかなかヘッドハンティングされませんが、それでも仕事評価されれば、若い人でもヘッドハンティングされる可能性は大いにあります。

 

また、転職の際にマイナスイメージが大きい年齢ですが、むしろ40〜50代の人の方が、実力と経験を兼ね備えているためヘッドハンティングされやすいという特徴があります。

 

腕の立つ技術者の場合は、大手外資系企業から、思わぬ高待遇でヘッドハンティングされることも!

 

それではヘッドハンティングされる人は、どんな特徴があるのか?

ヘッドハンティングされない人の特徴をご紹介しましたが、勘が良い人ならば、すでにどんなタイプの人がヘッドハンティングされるか、察しがついているのではないのでしょうか?

 

ヘッドハンティングされる人の特徴は、主に以下の通りです。

 


○ヘッドハンティングされる人の特徴

  • 営業成績が業界内でもトップクラス
  • 研究者・技術者としての能力が世界的に見ても高い
  • 多くの顧客を保有し、高い売上を上げている

 

 

ヘッドハンティング会社にヘッドハンティングされる人の特徴は、この3つのうちのどれか、あるいは全てを兼ね備えています。

 

当たり前ですがヘッドハンティング会社からヘッドハンティングされる人の営業成績が「並」ということはありません。むしろ、その人が会社を辞めてしまったら、その部署や、支店、会社の存続が危ぶまれるレベルの人しか、ヘッドハンティングされることはありません。

 

次にヘッドハンティング会社から、ヘッドハンティングされるのは将来の商品開発に多大な影響を与える研究者・技術者と呼ばれる人たちです。

 

さすがにノーベル賞レベルの人となると別ですが、それでも今までさまざまな商品を開発してきた、研究者や技術者と呼ばれる人たちは、その実績が評価されれば、ヘッドハンティングされることがあります。

 

最後にヘッドハンティングされる方が、顧客を多く保有している、売上上位の方です。

 

ヘッドハンティングする側にとって、顧客を多く保有する人物は紹介企業に転職した瞬間、大きな利益を上げることは、顧客の保有数から言っても当然です。ただし、悪質なヘッドハンティング会社の場合は、一見良い条件でヘッドハンティングして起きながら、顧客の情報を入手した瞬間に手のひらを返して、劣悪な条件で働かされるということも少なくないので、ご注意ください。

 

 

○ヘッドハンティングのQ&A その2

Q.ヘッドハンティングで失敗することはありますか?A.会社選びを失敗すれば失敗する可能性もゼロではありません。

多くの人が「ヘッドハンティングをすれば、今より、良い職場で働くことが出来る!」というイメージを持ちがちですが、転職する会社選びを失敗すると、自分の人脈や技術だけを、吸い取られて、用がなくなったら、安い退職金で会社を辞めさせられる場合があります。

 

日本の会社の中でも、そういった「使い捨て企業」もありますが、特に外資系――中国や韓国の企業はヘッドハンティングした人間であっても、人脈と技術を吸収したら、さっさと切り捨てられてしまうことがあります。

 

だから、もしヘッドハンティングされたとしても油断せず、どんな会社に転職することになるかをしっかり把握し、ネットなどの評判を注意して、転職するようにしてください。

アナタもヘッドハンティングされる人材になろう!ヘッドハンティングされるためのレシピ

ヘッドハンティングされる人は、決して多くはありません。
しかし、だからと言って、ヘッドハンティングされることを諦める必要はありません。

 

ヘッドハンティングはあくまで転職の手段の1つでは、ヘッドハンティングされることで、今よりも確実に良い職場で働くことが出来るのはもちろん、普通に転職するよりも良い企業で働くことが出来るので、ヘッドハンティングはされないよりも、された方が良いのは言うまでもありません。

 

さて、それでは、そんなヘッドハンティングされる人材になるためには、どうすれば良いのでしょうか?

 

 

○ヘッドハンティングのQ&A その3

Q.他業種からヘッドハンティングされることは、ありますか?A.可能性はゼロではありません!

基本的にヘッドハンティングをされる方の場合には、同業他社からヘッドハンティングされることが多いのですが、マレに他業種からヘッドハンティングされることがあります。

 

その場合は、ヘッドハンティングされる方の管理能力や、新しい事業の立ち上げを依頼する前提で、ヘッドハンティングしている場合が少ないですが、あります。

 

ただし、他業種からヘッドハンティングされる機会は少ないので、あまり期待しない方が良いかも知れません。

 

ヘッドハンティングされるためにも"実績"を残そう!

ヘッドハンティングされる人材になるためには、少なくとも今働いている会社で、自分の爪痕を残す必要があります。

 

どんな自分の爪痕を残すか、まず絶対に残さなければならない爪痕は数字です。

 

今働いている企業での営業成績はもちろん、上司からの評価も高く、取引先からの評価も高い――ここまで爪痕を残せなければ、ヘッドハンティングをするのは難しいでしょう。

 

営業職の場合は、数字は営業職成績で評価されますが、研究者や技術者の場合はどうなのでしょうか?

 

それらの職業の方の場合は、残すべき数字は開発した商品や携わった企業が上げた"利益"です。

 

研究者の場合は、一体どのような商品をいくつ開発し、その結果として、会社の売上はどう変わったのか、市場はどのように変化したのか……など、自分が行った研究の結果で変化した数字の大きさによって、評価されます。

 

また、技術者の場合は資格の保有数や携わった会社の売上や評価、独自のノウハウなどが評価される傾向があります。

 

このように、ヘッドハンティング会社は数字で評価されるものや、その人の実力がわかる数字を重視します。

 

将来的にヘッドハンティングされて、今より良い会社に転職したいのなら、今のうちから努力を続け、ヘッドハンティングされるだけの数字を会社とその業界に残しましょう。

 

 

ヘッドハンティングされるために顧客に好かれよう!

いくら会社や業界で、数字を取れても人間として問題があれば、ヘッドハンティングされることはありません。

 

ヘッドハンティング会社が、わざわざ他の企業に「この人は優秀ですよ!」と紹介する際に、人間としての質が悪ければ、そのヘッドハンティング会社の実力が疑われてしまいます。

 

常に優秀な人材を紹介し続けることで、成り立っているヘッドハンティング会社が紹介する人材が能力はあっても、人間として問題があった場合には、ヘッドハンティング会社の評価が下がることは必須!

 

だから、ヘッドハンティング会社はヘッドハンティングする人材の人間性も詳しく調査します。

 

そして、人間性を調査する過程で、重要視されるのが顧客との関係です。

 

営業職の場合は、顧客からの評価が高ければ高いほど、転職した後も、その企業と継続して取引されることが見込まれるため、顧客からの評価はヘッドハンティングされるかどうかに、大きく影響します。

 

「顧客からの評価が気にされるのは、営業職だけでしょ?」と思われるかも知れませんが、研究者の方や技術者の方も、顧客からの評価は注視されます。研究者の方であっても、研究開発の場でさまざまな人と交流するため、その際の人柄も重要視されることがありますが、営業職ほどではありません。

 

また技術者の方も同じく関わった企業の担当者などとの人間関係が注意されることがあるので、やはり人当たりは悪いよりは、良い方が良いのは言うまでもないでしょう。

 

ただ、営業職の方に比べれば、研究者や技術者の方の人柄は、そこまで注意されることはないので、ご安心ください!

 

 

ヘッドハンティングされるために自分だけの武器をもとう!

ヘッドハンティング会社からすれば、オールマイティで、全方位で戦っても勝てるような人材がいるがベストですが、そんな人材は決して多くはありません。

 

それでは、他にどんな人材がヘッドハンティングされるかと言うと「自分だけの武器を持っている人」がヘッドハンティング会社から求められます。

 


「この人に任せれば、大丈夫」
「このプロジェクトを成功させるには、アナタの存在が必要不可欠だ!」

 

 

というような人は、どんな職場であっても活躍することは間違いありません。

 

そんなどこでも自分の能力を発揮出来る自分になるためには、自分の強みを伸ばすことが重要です。

 

たとえ、同じ営業であっても「ルート営業では、誰にも負けない」「新規顧客獲得率は自分が1番だ!」のように、自分だけの強みがあれば、その噂がきっかけとなってヘッドハンティング会社にヘッドハンティングされるかも知れません。

 

研究者や技術者の方の場合も同じく、自分だけの専門分野自分だけのノウハウがあれば、ヘッドハンティングされる可能性は高まります。

 

今、働いていて"自分の武器"が明確になっているのなら、その武器を活かすことが考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

ヘッドハンティングされるためには業界内で名を売ろう!

ヘッドハンティングされるために、数字、顧客からの評価、自分だけの武器――この3つだけでは、ヘッドハンティングされるには、まだまだ不十分です。

 

最後にヘッドハンティングされるために必要となる材料は、業界内でのネームバリューです。

 

いくら優秀な人材であっても、顧客からの評価が高くとも、それなりに名の知られた存在でなければ、そもそもヘッドハンティング会社から興味を持たれることはありません。

 

やはり、ある程度自分が働いている業界内で有名でなければ、ヘッドハンティング会社から自分の存在を知られないので、将来的にヘッドハンティングされたいと思っているのなら、今のうちに業界内で名を売る努力をした方が良いでしょう。

 

一番良い方法は、業界で初のことを行い、業界紙に名前が載ることですが、それはカンタンなことではありません。

 

しかし、カンタンに業界内外で名前を売る方法が、1つだけあります。

 

それが異業種交流会に参加するということです。

 

異業種交流会には、さまざまな業界の人が参加し、その中で、それぞれをアピールすることができます。また、ひょんなことから、そこからつながりが出来て他業種の社長さんから「この人が欲しい」とピックアップされることもあるので、ヘッドハンティングされたいのなら異業種交流会は積極的に参加すべき!

 

ちなみに、噂ではヘッドハンティング会社の社員が、異業種交流会に紛れ込んでいるらしいので、ヘッドハンティングされたいなら、絶対に異業種交流会に顔を出しておきましょう。

 

 

○ヘッドハンティングのQ&A その4

Q.企業から、直接ヘッドハンティングされることがある?A.はい、あります!

アナタが、もしも業界内で有名でなかったとしても、特定の企業とつながりがあり、その企業の社長や役員クラスの人に、気に入られていた人の場合は、企業側から直接ヘッドハンティングされることがあります。

 

ヘッドハンティング会社を通してのヘッドハンティングとは性質は異なりますが、見知った人からの信頼関係がきっかけで転職することになるのですから、ヘッドハンティング会社にヘッドハンティングされるよりも、一番幸せなヘッドハンティングの方法かも知れませんね!

 

ヘッドハンティングされる人のレシピまとめ

ヘッドハンティングされるために、必要な材料をいろいろとご紹介させて頂きました。改めて、それぞれの材料をまとめると……

 

  1. 自分の価値を示す実績
  2. 自分と関係ある顧客に好かれる
  3. 自分だけのビジネス上の武器がある
  4. 業界内で、自分の名前が知られている

 

 

ヘッドハンティングされるためには、上記の4つの項目を満たす必要があるということです。

 

この4つの項目を満たしていれば、一流のビジネスパーソンとして認められ、ヘッドハンティングされる可能性があります!

 

ただし、上記の条件を満たすのは、お分かりの通りカンタンなことではありません。

 

そもそも、ヘッドハンティングされる優秀な人材は、知らずしらずのうちに、上記4つの項目を満たしていることが多く、「ヘッドハンティングされたい!」と思って真似したところで、すぐに真似できるような代物ではないのです。

 

それでは、ヘッドハンティングを諦めるべきなのでしょうか?

 

答えは「NO」です。
今の時代、ヘッドハンティング会社を利用しなくても、就職サイトに登録すれば、知らないうちにヘッドハンティングされることになります。

 

それでは、就職サイトを利用すると、どのようにしてヘッドハンティングされるのでしょうか?

 

 

就職サイトを利用して、ヘッドハンティングされるってどういうこと?

就職サイトは、今や就職サイトに登録してある企業の中から、自分にあった企業を選ぶ――という受け身のサービスだけではありません!

 

今の時代、就職サイトも進化しており、なんと就職サイトに登録している企業の方から、「こういう人材が欲しい」という要望があり、その要望にそって就職サイトが、要望通りの人材を紹介し、その結果として就職サイトに登録した、アナタにスカウトメールが届きます。

 

その結果、アナタの思いもしなかった会社から、スカウトメールが来ることも!

 

さて、それではスカウトメールを送られてくるメリットには、何があるのでしょうか?

 

 

【就職サイトでヘッドハンティング】スカウトメール3つのメリット

  • 仕事をしながらでも、転職活動が出来る
  • 自分に興味を持った企業に転職出来る可能性がある
  • 今まで興味がなかった企業から連絡が来ることがある

 

 

転職サイトのヘッドハンティング――スカウトメールを利用すると、このような3つのメリットがあります。

 

それでは、それぞれのメリットを紐解いて行きたいと思います。

 

 

【スカウトメールのメリット@】仕事をしながらでも、転職活動が出来る

就職サイトを利用する最大のメリットは、仕事をしながらでも、気軽に転職活動が出来ることです。

 

ただ、就職サイトを利用するにあたって、転職活動をする際にも、面接をする企業を選んだり、面接をする企業にメールを送ったりしなければいけませんが、スカウトメールなら、その手間を大幅に省くことが出来るんです!

 

そもそもスカウトメールとは、企業側から、就職サイトに登録したユーザー向けに届くものであり、きちんとエントリーシートや職歴をサイト上に記載しておけば、有名企業から、スカウトメールが届くことがあります。

 

しかも、自分は何も行動せずにスカウトメールが届いて、実質有望企業から、ヘッドハンティングされるのですから、これほど楽な就活もないですよね!

 

 

【スカウトメールのメリットA】自分に興味を持った企業に転職出来る可能性がある

スカウトメールの最大のメリットは、自分の経歴に興味がある企業に転職しやすくなることです!

 

そもそも転職活動は、自分を知ってもらうことから、はじまります。

 

自分のことを企業の面接などで知ってもらい、その結果、企業側がアナタのことを気に入れば、無事就職――という形になるのですが、スカウトメールなら、その手間が大幅に、省けます。

 

そもそもスカウトメールが届くということは、企業側が大なり小なりアナタに興味があるからこそ送るからであり、スカウトメールが届く時点で、かなり高い確率で就職しやすいということが言えます。

 

アナタのことを全く知らない企業で、就職面接をするよりも、アナタのことを知っていて、スカウトメールを送ってくる企業に就職面接をするのでは、どちらが就職しやすいかは、言うまでもありませんよね?

 

 

【スカウトメールのメリットB】今まで興味がなかった企業から連絡が来ることがある

アナタが就職サイトに登録した情報は、さまざまな企業が確認します。
中には、アナタが就活をしようと思っていなかった、業種からスカウトメールが届くことがあり、その結果、今まで働いていた業種とは異なる、自分がそれまで興味がなかったような企業に就職することになることも!

 

就活というと、どうしても自分だけの考えで就職先を選んでしまう傾向があるので、視野が狭くなりがちですが、スカウトメールを利用することで、今まで自分では思いもよらなかった業種に転職することを思い立ち、自分の人生が大きく変わる転職をすることになるかも知れません。

 

 

でも、ワンランク上の企業に就職したいなら、ただの就職サイトではなく『ヘッドハンティング会社』に登録を!

ご紹介した就職サイトを使う方法でも、ヘッドハンティングされることはあります。

 

しかし、どうせならもっと上の企業に就職したい――そんな野心を抱いている人には、普通の就職サイトのスカウトメールでは物足りないかも知れませんね。

 

そんなアナタにご紹介したいのが、『ヘッドハンティング会社』への登録です。

 

ヘッドハンティング会社に登録することで、今働いている企業よりもワンランク上の企業で働くことが出来る可能性が増し、自分のスキルを高めることが出来るようになります。

 

最近では、ヘッドハンティング会社への登録方法も就職サイト並にカンタンになっており、就職サイトと同じく、働きながら転職活動が可能です。

 

それでは、最後にヘッドハンティング会社に登録するメリットをご紹介します。

 

 

【ヘッドハンティング会社に登録するメリット】@給与水準が高い企業に就職することが出来る

ヘッドハンティング会社のクライアントの多くは、ハイレベルな一流企業ばかりです。それこそ、並の就職サイトではお目にかかれないようなハイレベルの企業が軒を連ねており、そういった企業が提示する給料が高いのは当たり前!

 

ヘッドハンティング会社によっては「年収○○万円補償!」と歌うような強気な企業もあるので、給与水準が高い企業に転職したいなら、ヘッドハンティング会社を利用するのが一番の近道でしょう。

 

 

【ヘッドハンティング会社に登録するメリット】A世界レベルで転職できる

普通の就職サイトは、どうしても国内の企業しかカバーすることが出来ませんが、ヘッドハンティング会社には、国内外にクライアントがいるため、世界レベルで転職活動を行うことが可能な場合もあります!

 

営業職の方が海外で働くのは難しいかも知れませんが、研究者の方や技術者の方の場合は、ヘッドハンティング会社に登録し、世界で働くことを考えた方が、より幅広い世界の知識が吸収できるだけでなく、高い報酬を支払われる可能性もあるので、グローバルな人材になりたい方は、断然ヘッドハンティング会社に登録をすべきでしょう。

 

 

【ヘッドハンティング会社に登録するメリット】Bベンチャー企業に就職することが出来る

就職サイトでは、なかなかお目にかかれないような、今、勢いのあるベンチャー企業にも、ヘッドハンティング会社を利用すると、転職出来るようになります。

 

ベンチャー企業は、少数精鋭。
より効率的で、効果的な組織運営をするために、能力の高い人材を求めています。

 

そして、ベンチャー企業に就職するということは、今までにはない"何か"を生み出すチャンスでもある。

 

今ある仕事に満足しておらず、起業したいという意識が強い方や、自分の能力を最大限に活かしたいと考えている方は、ヘッドハンティング会社に登録して、ベンチャー企業に転職するという方法も、ありかも知れませんよ!

 

 

アナタは、ヘッドハンティングされるのを待つ? それとも……?

一昔前は、ヘッドハンティングなんて、そうそうされるものではありませんでした。

 

しかし、今の時代、ヘッドハンティングも攻めの姿勢で、自分からヘッドハンティング会社に登録し、ヘッドハンティング会社にアピールすれば、自分が望むワンランク上の企業に転職しやすくなります。

 

もしも、アナタが今の仕事、職場に不満を持っており、もっと自分を高めたい、自分能力を発揮したいと思っているのなら、ただの就職サイトではなく、ヘッドハンティング会社を利用すべきです。

 

アナタがヘッドハンティング会社に登録することで、何かが変わるかも?

 

自分人生を大きく変えるためにも、ヘッドハンティング会社に登録してみませんか?

 

 

ヘッドハンティングされるおすすめの転職エージェント&サイト

 

ビズリーチ

ビズリーチ(Biz reach)の特徴

最近、テレビCMで有名なビズリーチ。 他の転職サイトやエージェントと比較して、 ハイクラスの求人をしている会社とのパイプを 大事にしているので、 リクルートエグゼクティブと比較しても 良い求人案件が多くあります

価格
評価 評価5
備考 年収500万以上の方しか登録できません!
ビズリーチ(Biz reach)の総評

ヘッドハンティングされるには、まずは自分を 市場に売り出す(紹介)することが大事になります ビズリーチに登録し、まずはエージェントスタッフの方と 打合せをし、あなたのキャリアの市場性を確認 してみましょう

DODA

DODA(デューダ)の特徴

一般転職サイトのイメージが強いDODA(デューダ)ですが DODAのみが独占的に保有しているハイクラスの求人が あります。 DODAの専門スタッフと面談後に、あなたにあった求人を 紹介してくれます

価格
評価 評価4.5
備考 ハイクラス求人以外の求人も多数
DODA(デューダ)の総評

自分の市場価値も知らずに、 最初からハイクラスの求人ばかりを求めてしまう人は まずDODAの面談を受けることをお勧めします。 大手でなくとも、中小・外資で好待遇の案件も多数あるので おすすめです