ヘッドハンティングされるための英語力

MENU

ヘッドハンティングされるための英語力

今は昇進の条件として英語力が必要となっている所もあり、テストで600点以上を取っていなければ昇進する事が出来ないという所もあります。
英語が必要なのは社会がグローバル化しており、国内だけでなく海外とも交渉する機会があるというのも理由になっています。
そのため、日本語だけでなく英語も使う事が出来るようになっている必要があります。

 

とはいっても、全ての業界で海外との関わりがあるかと言ったらそういう訳ではありません。
中には国内でしか仕事をしない、対応するのは日本人だけ、日本語だけを使う事が出来れば十分だという事もあります。
だから、仕事内容によっては確かに英語が使える方が便利だという事もありますが、使えなかったとしても不便さを感じる事は合っても、仕事が成り立たないとは限りません。

 

そう考えると、ヘッドハンティングされる場合は英語力が必要かと言うと、決してそういう訳ではなく、絶対に必要とは限らないという事が出来ます。
その業種によってはそれよりも他の能力が高い人の方がより重視される事もあるからです。
だから英語力はあればあるに越したことはないという風にされる場合もあれば、なくても全く問題はない、英語力の有無は問わないという事もあります。
従って、その業界によっても違う為、必ず必要と言う事は出来ないというのが実情です。

 

そのため、ヘッドハンティングをしてもらう為に登録する場合も、英語力を問われる事もあればそうではない場合もあります。
また英語力がないからと言って一切ヘッドハンティングがされないかといったらそういう訳でも有りません。
その業界において実績を残しており、他の会社にとってその人を採用する事にメリットがあると判断された場合は十分対象とされるからです。

 

ヘッドハンティングと言うのは、その業界において利用価値が高いと判断された人がされる物です。
ただ人によっては得手不得手が有り、能力にも差があります。
仕事内容によっては確かに英語力が必要となる場合もあり、その場合はどれだけ実績があったとしても英語力がないが為に正しく自分の評価をしてもらう事が出来ないという事もあります。
英語力がないという事がマイナス要因として働いてしまう可能性がないとも限りません。

 

しかし、英語力が合った方が良いとされる業界でも、その内容によっては英語力がそれ程高くなかったとしてもヘッドハンティングの対象とされる事もあります。
その人にそれ以上の魅力があるという時です。
例えば何か研究開発をする場合、海外の論文をそのまま読む事が出来るようにする為にもある程度の語学力は必要となります。
また海外の人と対応する為、交渉する為にも語学力は必要となりますが、それだけでその人の価値を測るわけでは有りません。
例えば研究において名前を残している人、結果を残している人の中には、英語が殆どだめだという人もいます。
その点では確かに魅力がないと判断されてしまう可能性もありますが、総合的に判断してみてその人を採用する方が会社にとってメリットがあると判断した場合はヘッドハンティングの対象となる事もあるからです。

 

この様に、必ずしも英語力が必要と言う訳ではありません。
とはいっても、全くなくても問題がないかと言ったらそうではなく、あるに越したことはないと言えます。
その一つの理由として、今後ドンドン社会がグローバル化して行く可能性が高いからです。
グローバル化して行くという事は、海外の企業と交渉する機会も増えて行く可能性があります。
また今は日本人しか働いていないような業界であったとしても、これからは英語圏で生活してきた人が働くようになって行く可能性も無いわけでは有りません。
従って、コミュニケーションを図るという点から言っても、英語力が必要とされる事もあります。

 

また英語力についても、無理なくコミュニケーションを図る事が出来るようになっている必要がある場合もあれば、ある程度の文章の内容を理解する事が出来る程度でも良い事もあります。
従って、業界だけでなく、その企業の特徴によっても英語が必要となる事もあればならない事もあります。
配属された部署によって英語が必要となる事もあればならない事もあるので、一概に英語力がなければいけないという訳ではありません。

 

従って、絶対に必要と言う事は出来ませんが、なくても不自由せずに転職するとも限りません。
スムーズに転職したい、より条件の良い所で働きたいと思っているのであれば、英語力が合った方がより自分の条件を良くする事もできます。
ただ英語力がないからと言って可能性が全くないという訳ではありません。
また今後どのように業界内が変わって行くかと言う事も分からない為、その状況によって英語が必要となる事もあればそうではない事も出てくる可能性があります。
つまり、英語力は絶対に必要と言う訳ではありませんが業界によっても扱いが違う為、事前に調べて自分がその条件に合う様にレベルアップしておく事になります。