必要な英語力は?TOEICのスコアは?

MENU

必要な英語力は?TOEICのスコアは?

外資系などにヘッドハンティングされる際に、英語力が最初からあると外資系企業としては計算が立てやすくなります。ビジネスとしての才能はあったとしても、英語でコミュニケーションをとる以上、英語力がなければ意味がないからです。外資系に転職する人の中には英語力が拙い人もいますが、勉強すれば何とかなると会社側も考えて入社させたものの、やっぱり身につかずに苦戦を強いられて、本業でもいいところなく会社を去るケースも出ています。そのため、最初から英語力があれば、仕事に集中することができ、結果を残すことができます。

 

面接で英語力をアピールする際に、例えば英語検定でこの級に合格しているとか、TOEICでこれだけの成績を残している、留学経験や帰国子女として長く海外に暮らしていたなど、様々な形で表現されていきます。しかし、外資系企業などで求められる英語力というのは、一般的な英語力に比べてハイレベルなものである必要があります。単に英語を話せるというのではヘッドハンティングに必要なレベルとは言えず、ビジネスに関する英語などにも対応できる水準かどうかが問われることになります。こうしたビジネス英語のレベルを調べる物差しとして機能するのがTOEICです。TOEICの点数で英語力の証明になり、日本企業でも管理職の条件として、TOEICで一定の点数を出すことが求められるほどです。外資系企業で十分に働くことのできる英語力として、TOEIC600点が基準となります。600点という数字は自分宛に届いた仕事に関するメモの内容を把握できるレベルです。メモで仕事に関する内容が書かれていたとしてもそれで物事を理解できるレベルが600点で、ここが最低限の水準となります。外資系の中には700点を基準としているところもあり、ヘッドハンティングなど即戦力で求められる点数としては700点800点といった高得点を出すことが必要であり、900点を超えれば確実に英語力があるとみなされ、有利に働くことになります。

 

ただし、基準となる700点を超えていたとしてもあくまで書類選考レベルでパスできるかどうかであり、面接となると話は大きく変わります。面接では英語での面接が待っています。英語での面接は面接官と当意即妙なやり取りを見せなければなりません。TOEICのテストでは苦悶の表情を浮かべながら必死に問題を解いたとしてもその姿が点数に反映されることはありませんが、苦悶の表情を浮かべながら面接のやり取りをしていれば確実に落とされてしまいます。テストとしてTOEIC700点は大いに参考になりますが、それだけでは不十分であり、ヘッドハンティングされるのに必要な英語力として軽妙にやり取りができる英会話スキルというのも必要になっていきます。日本企業であれば、700点もあれば十分で、しかも日本語で面接を行うため、むしろTOEIC700点はかなり有利です。同じ700点でも外資系と日本企業では全く意味が違うことを知っておくことが大切です。

 

外資系企業で英語力をアピールするためにはテストでの成績よりも、その分野において英語を用いてきた経験があるかどうかが問われるようになります。英語のスキルを活かす仕事としては、海外での営業、マーケティング活動、旅行に関する仕事などが挙げられます。例えば、海外における営業をこれだけやってきたということを面接で言うことで、TOEICの点数と照らし合わせて英語力を調べていくことができます。マーケティング活動の場合、現地に足を運んで現地の人と英語で会話をしていることが多いため、それだけ濃厚な時間を過ごしていることがわかります。しかも、勤務年数が数年以上となれば確実に英会話ができるレベルであり、業種が同じであれば難しい単語なども最初から頭に入っていることからすぐに現場に投入することもできます。これくらいのスキルがあればヘッドハンティングは確実に行われることになります。

 

日本企業でも英語力のある人が求められ、TOEICの点数が一つの基準となります。今までは英語検定なども目安とされ、多くの学生は英語検定を取得しようとしますが、最初からTOEIC一本に絞って勉強を重ねることで若くして英語に関するスキル、これくらいの英語力がなければ外資系ではやっていけないということを知ることができます。こうした感覚は社会人にも求められ、英語ができるのは当たり前という感覚がなければなりません。いずれはヘッドハンティングをされるような人間になりたいと思う場合には英語力を磨くことも大切でありながら、英語を積極的に話すような仕事をしていくことや常日頃から英語でのコミュニケーションをとるようなことをしていき、英語に対する自信を深めることが必要となります。勉強として英語ができるようになるのでは不十分で、実用性があり、ビジネスで使える英語かどうかが問われます。