転職の提案を上手に断る方法

MENU

転職の提案を上手に断る方法

仕事をしている上で、自分がヘッドハンティングの対象になる事はとても誇らしいことです。それまでの自分の仕事ぶりを社内的ではなく、社外からも評価を得たということは大きな自信になります。ヘッドハンティングで引き抜かれると言うことは、多くの場合条件的にも良い条件を示されることが多く、キャリアアップにも大きく役立ちます。また、ビジネスマンとしてだけではなく、人間として一回りも二回りも成長するチャンスです。今までとは異なった環境に身をおくことで、得られるものは大きいです。今の仕事にマンネリを感じていたり、自分なりの限界を感じている場合などは、大きく心を動かされます。
ただし、そのヘッドハンティングがいつも望まれるものとは限りません。今の会社で近い将来昇進することや、栄転が決まっている場合などは、なかなか踏み切れるものではありません。また、働く環境が違えば、良くなることばかりでもありません。まず職場が変わります。通勤するのに不便になる場合もありますし、場合によっては家族同居から、単身赴任ということも考えられます。自分ひとりで決められることでもないので、家族の反対に遭う場合もあります。また、引き抜かれる以上、即結果を求められます。高待遇で迎えられれば迎えられるほど、そのプレッシャーは大きくなります。万が一転職先の会社で期待された成果をあげられなかった時は、真っ先に責任を取らされるのもまた自分です。自信や野心がそれを上回れば自分の中でゴーサインが出せますが、そうでなければはっきりと断った方が良いです。評価をしてくれた先方やヘッドハンターなどの話を聞くのは、プラスの要素も多いので話を聞く場に出向くのは構いませんが、様々な要因を考慮した結果、お断りをしなければならない場合も当然あります。そんな時、どのような断り方をするのが良いでしょう。
まずは、正直に自分の胸の内を話すことが第一です。新しい会社にお世話になるのではなく、今の会社で頑張るんだという意思を、本音の部分で説明することです。あまりに馬鹿正直に全てを話したり、大幅に嘘をつく必要もありませんが、高い評価をくれた相手に最低限の礼儀を払うのは当然です。今後他の場面で世話になることも考えられなくはないので、円満に断る方がベターです。
今まで通りの会社で頑張ると言う気持ちを伝えなければなりませんが、そのためには少し具体的に話した方が良いでしょう。今取り組み始めたプロジェクトにやり甲斐を感じている、とか最近着手し始めた後進の育成が面白い、とかいう理由をきちんと自分の言葉で話すと良いです。ヘッドハンティングに来た人は、引き抜きたい人に対してそれなりの評価をしているか、または評価をしている人の代わりに話しをしに来ているので、誠心誠意話せば、わかってくれることがほとんどです。
これで大抵はうまく断ることができますが、それでもしつこく食い下がって来たり、諦めない場合があります。これはヘッドハンターが所属する会社の方針だったり、依頼主の要望が強かったりした場合にありがちですが、引き下がってくれないこともあります。それほど自分を欲しがってくれているのかと気持ちが動きがちですが、断りたいなら断固強い姿勢を貫くべきです。わかってもらえるまで今の会社への愛着や条件面での優位性をきちんと説明した方が良いです。
きちんと説明をしてもしつこく諦めなかったり、会社に連絡があるなどして迷惑であると感じた時は、話の出所を聞くという手があります。誰に自分のことを聞いたのか、そのソースを明らかにしてくれなければこれ以上話はできないと言えば、大抵のヘッドハンターは引き下がります。なぜなら、それは明かせないことになっているからです。
誰に聞いたか教えてしまえば、引き抜かれる人がその人に連絡を取ってしまう可能性が高くなります。その人経由でヘッドハンティング会社にクレームでも入ればそれは信用問題になり、その後の仕事に悪影響を引き起こすのは必定です。引き抜かれる側としては、情報元は明かさないルールやマナーを逆手に取れば、断る上手な口実になります。それだけは言えない決まりになっているので勘弁してくれとでも言われたら、ではこれ以上話すことはできません、で良いわけです。
万が一ソースを明かしてきたら、逆にそのヘッドハンター、会社は信用できないという判断材料になります。秘密にしておくべき情報元を漏らしてしまうようではいけません。将来的に転職を考える時、ヘッドハンターに知り合いでもあれば話しやすいと考える人も多く、その時のために仲良くしておきたい、繋がりを持っておきたいという気持ちは自然なものです。しかし、それでも相手は選ぶべきです。逆の立場で考えれば、こういったヘッドハンターが信用できるかどうかは判断できるはずです。繋がりを持っておきたいと考える時でも、最低限の譲れない条件は意識すべきです。