プルデンシャル生命からのヘッドハンティングでの転職

MENU

プルデンシャル生命からのヘッドハンティングでの転職

プルデンシャル生命からあなた自身に

 

「あなたをヘッドハンティングしたいので、是非一度会ってみませんか?」

 

という連絡があなた自身に直接きたことありませんか?

 

”ヘッドハンティング” と言われると気分がよくなり、ついつい会ってみたく
なるかもしれません。

 

かくいう、私もある展示会(展示会では不特定多数の方に会い、
名刺を渡します)で、プルデンシャル生命の人と名刺交換をして、後日
その様な連絡がありました。

 

ヘッドハンティングとは名ばかりです

ちょうど、その時に在籍していた会社に対する不満のようなものがあり、
話だけなら聞いてみようか、、、

 

と思い、プルデンシャル生命の本社がある赤坂見附で連絡をくれた人と
会い、面談をしました。

 

面談をして、現在の仕事内容や今後の自分のキャリアについての話をしました。

 

もし、プルデンシャル生命で働くことになったら、

 

という話も聞きましたが、案の定、

 

ヘッドハンティングと言っても、役職ある(肩書は与えられますが)管理職としての
採用ではなく、

 

一般営業マンとしての仕事内容でした。

 

保険業界は、プルデンシャル生命に限らず営業スタッフは常に人がたりない状態です。
というより、人はいくらいてもよく基本給を抑えて、歩合制にしているので
人は多いければ多いほど良いので、

 

プルデンシャル生命に働いている人も、本業の保険営業だけではなく、
新規で人を採用すると、それがその人の評価につながるシステムに
なっているのです。

 

人の採用というのは、会社にとってコストも時間もかかる作業なので、
社員がこの様に自主的に、人を見つけてくればこんなに、メリットのある
採用方法はありません。

 

勿論、もともとプルデンシャル生命で働いてみたかった、
保険業界で働いてみたかった

 

という方であれば、提案に乗っかってみるのもの良いかもしれませんが
興味もなかったけど、

 

今の会社に不満があるから、転職を考えたいから、、、、

 

という理由であれば、面談に行くこと自体おすすめしません。

 

何といっても、一流保険営業マンです。
少しでも転職に興味がありそうだな、 と判断すればしつこく勧誘してきます。

 

転職やヘッドハンティングに興味があるなら

当サイトではヘッドハンティングされる方法、ヘッドハンティング人物に
なるための方法などを説明していますが、

 

ヘッドハンティングされるには、ただ待っているだけでは可能性は
とても低いです。

 

あなたが、今の業界で優秀であるととても有名または、特殊なキャリアを
もっていれば、競合会社などが独自に調査し、

 

あなたにヘッドハンティングのオファーをしてくるかもしれませんが、
その可能性はとても低いものです。

 

もし、あなたがヘッドハンティングされたい、または
転職に興味があるというならば、

 

当サイトで紹介する大手から中小の転職エージェントに登録をしてみて
下さい。

 

>>ヘッドハンティングされる転職エージェント<<

 

 

 

 

プルデンシャル生命は非常に高い年収を得ることが出来るとして話題の会社です。

 

転職して年収1,000万円以上を稼ぐという人も多くということで非常に魅力的と感じる人も多い会社です。

 

しかし、この様な外資系生命保険会社は給料が歩合制で、
実績を上げることが出来る人とそうでない人の格差が非常に大きいということは十分に意識しておく必要があります。

 

その為、成績の良い人はその成績に見合った給料を得ることが出来ますし、
成績が上がらない人は一般の同年代のサラリーマンの平均よりもはるかに低い
給料と鳴ってしまうことも多いのです。

 

プルデンシャル生命は優秀な人材を確保するために、他社の優秀な営業マンを
ヘッドハンティングして採用するということがあります。

 

一般にはこのような場合、迎えるに当たっての待遇を用意してくれると考えている人が多いものですが、
決してそのようなケースばかりではないことに注意が必要です。特に営業職の場合には、第一に成果を上げることが大きなノルマであり、そのノルマを達成できない場合には当然ながら評価は下がり、待遇も悪くなってしまうというのが大きな特徴です。
プルデンシャル生命のような外資系の生命保険会社は特にその傾向が強いと言われています。日本に於いても生命保険会社は競争が厳しく、契約をたくさん取ることが出来る営業マンは非常に待遇が良く会社からも高い評価を受けますが、そうでない営業マンは相応の評価しかもらえず、さらに出世も遅いというのが一般的です。まして外資系の場合には日本での市場獲得を至上課題としている点から、高い成績を上げる営業マンとそうでない営業マンの格差は大きいものです。その為、高い成績を上げている営業マンは年収1,000万円以上を稼ぐことも珍しくないということになるのです。
一般的にヘッドハンティングというと相応の待遇を用意して迎えられるものであるという印象が有るため、例えばプルデンシャル生命から話があった場合、相応の待遇と相応のポストが用意されると考えてしまう人も少なくありません。その待遇はすぐにではなくても、ある程度の期間を経て重要なポストに就けてもらえると期待してしまう人も多い物です。しかし、実際にはそのようなことは殆ど無く、転職後には他の社員と同等に扱われ、その中で優秀な成績を上げて初めて相応の待遇が受けられるという点を十分に認識しておく必要があります。
プルデンシャル生命に転職して年収1,000万円以上を稼いでいる人は意外と多いものです。しかし、そのような人は実際に契約数も多く、高い成績を上げて会社に大きく貢献しています。その為、会社側もこの成績に対して当然の報酬として高い年収を与えていることになるため、決してこの会社に転職しただけで高い年収が得られるとか、前職での実績が評価されて高い年収が得られているということではないのです。この点については、転職前に十分に認識しておくことが大切です。
プルデンシャル生命からヘッドハンティングされて、そのまま転職することは余りおすすめできないものです。その理由は、プルデンシャル生命で高い成績があげられる客観的な評価が無いからです。一般的に転職を行う場合には転職先において自分のスキルや経験を活かすことが出来るかどうかを基準に検討するのが正しい方法です。そうでないと転職したことによるメリットがありません。しかし、プルデンシャル生命に限らず外資系の生命保険会社に於いては優秀な営業マンになる可能性のある人材をスカウトし、その人間を採用することで高い業績を上げることを目的としているので、その人間にとって向いている仕事であるかどうかはあまり考えられていないのです。但し、良い条件の可能性を提示されることが多いため、その条件に惑わされて転職してしまい、実際には思ったほどの成果を上げられずに、待遇も低いままということも少なくありません。
上手に転職を行うためには、ヘッドハンティング会社に登録し、エージェント等のサポートを受けることが非常に重要です。転職の交渉に当たっては、相手側から条件が提示されますが、その条件について詳細に確認し、冷静に分析を行うことができます。また、自分のスキルが転職先でどの程度通用するのか、さらには転職のリスクはどのようなものが有るのかなども冷静に分析してくれるので、判断する上でより客観的に判断できるようになるのです。その他、エージェントの多くは色々な求人情報を保有しているので、これらの条件と比較しながら最適な転職先を探してくれます。さらには、代理人として相手企業と交渉し、より良い待遇や条件を引き出してくれることも少なくありません。
プルデンシャル生命からヘッドハンティングされたからと言って、そのまま転職するのはあまりお勧めできません。ヘッドハンティング会社に登録し、様々な企業の求人やその待遇を十分確認した上で、エージェントのサポートを得ることが転職で失敗しないためには効果的な方法です。