ヘッドハンティング会社と転職エージェントの違い

MENU

ヘッドハンティング会社と転職エージェントの違い

転職を検討する場合、自らが転職先を探すケースが多いですが、それだと仕事をしながら活動をしたり、仕事をやめてからするため、安定した生活を先に考え、条件面を度外視し、結果として失敗してしまうということにつながります。このため、転職エージェントに依頼をし、転職に関するお世話をしてもらうというのがトレンドになりつつあります。この他にはヘッドハンティングというものも存在します。いきなり電話がかかってきて、とにかく会いたいと持ちかけられ、会ってみたらうちで働いてみないかというお誘いだったということが特定の業種などで頻繁に起きています。このヘッドハンティング会社、そして転職エージェントには明確な違いが存在します。

 

ヘッドハンティングの場合、企業から依頼を受けて、人材を探し、引き抜きにかかります。人材をどうやって見つけるかに関しては、業界における噂やそれまでに培ってきた人脈などから見つけていくことになり、見つけた場合には電話などをかけてアポイントをとってから直接本人のところへ出向くということをします。この場合における成功報酬は、企業からの発注を受けた段階で支払ってもらう着手金、新しく働くことになる企業での年収の半分が相場となります。転職エージェントの成功報酬として、新しく働くことになる企業での年収の3割前後となっており、1000万円の年収であればその3割、300万円が報酬となります。大きなお金が飛び交う割に、アポイントをとるまでが地味であり、苦戦を強いられることがほとんどです。アメリカなどの海外であればこうしたことはざらですが、日本では会社への帰属意識が高く、そう簡単に誘いに乗るということはなく、それどころか会って話をしてもらうことすらできないことも多々あります。

 

一方の転職エージェントの場合は、転職エージェントに登録した人に職を斡旋するというものになっており、細かな違いはあれど、その構図自体は、なんら変わりません。決定的に違うのは求職者の意識の違いです。転職エージェントに登録している人は転職を検討している人であり、現状に関して何らかの不満を抱えており、いい案件があれば転職してやろうと考えています。ヘッドハンティングの場合はその人自体にそうした転職の意識が強くあるとは限りません。愛社精神にあふれ、転職なんて考えられないという人もいます。成功報酬だけを見れば明らかに転職エージェントの方が低かったのは、実際に転職を実現させる可能性がかなり違うためで、転職を希望している分、それだけハードルは低くなるということです。また、両者の決定的な違いは年収面にも現れることになります。ヘッドハンティングの場合は、成功報酬の面、成功率を高めるためなどから現職より高い年収でないことには引き抜きは難しいことが言われています。そのため、年収が高く設定されることになります。しかし、転職エージェントでは年収は今までと同じ程度のものしか基本的には見つけることができません。やはり成功率の違いが大きく関係しています。

 

ただ、最近ではこの両者の違いが段々と薄まっています。ヘッドハンティング会社はそれまで培ってきた人脈や噂、評判などから探してきましたが、最近では、転職を希望する人から登録してもらうようにするところが出てきています。転職エージェントの手法を取り入れようとしているのです。それでいて年収面での厚遇は変わらないことから、転職エージェントとしては煽りを受けつつあります。そして、めぼしい人材を見つければ登録してくれた希望者を積極的に勧誘し、引き抜こうとします。できれば少しでも年収を上げたいと思ってる転職希望者にとっても、なかなか人材を見つけることに苦慮する会社側にとってもお互いにメリットがある状況となります。そして、その違いも段々となくなりつつあります。逆のことを転職エージェント側でも取り入れようとしており、年収をできるだけ上げられるような求人を探し、それを提供するようにしています。いずれの場合であっても、転職希望者にとってはいい環境となっていくことが言えます。

 

いずれかの会社に依頼を出す場合、まずは自分の実力、需要などを知っておくことが何より重要です。どの部分が評価されて勧誘をしてもらったのかなど、具体的な部分が見えない段階ではどちらのケースでも安易に決断することは避けなければなりません。案件を処理するために利用するということも十分に考えられ、自己責任として処理されることもあるからです。転職してからも自分のしたいことができるのかなど、具体的な内容まで突き詰めた上で検討を始めていくということが必要です。ここ数年で両者の違いは段々と薄らぎ、ボーダーはなくなりつつあります。見つけてもらうには評判が立つほどのエースになること、登録してなんとかしてもらう場合には人には負けないメリットを有していることが求められます。