リクルートエグゼクティブエージェントに登録した人の口コミ

MENU

リクルートエグゼクティブエージェントに登録した人の口コミ

私はかねてから、現在の職場に不満を抱いていました。私の行っている業務が給料に反映されていないと思っていたからです。そこで、私は転職を考えました。しかし、現在の日本は雇用制度に多くの問題を抱えています。その時の私は、正社員でしたが、転職するにあたり、もしかしたら、契約社員などに身を落とすのではないかと考えていました。おりしも、その時期は派遣切りなどが話題になっているころでした。また、年越し派遣村などが、国会議事堂の周りを取り囲むというような騒動も起こっていました。

 

私は転職するにあたり、リクルートエグゼクティブエージェントに登録しました。このサイトは、年収が1千万以上の方が登録するサイトで、また、このサイト内で、求人を出している企業の給料も1千万円を超えるというものでした。しかし、登録しても、なかなか、企業側からお呼びがかかりませんでした。そこで私は、他の、転職サイトにも登録しました。そして、待っているだけでなく、こちらからも積極的に、企業に、メールを出したりしました。そして、半年が過ぎた頃でした。とある企業から、メールが来ました。私の能力を高く買ってくれていました。そして、支払われる給料も現在のものよりも高いとのことでした。私は、この会社に転職することに決めました。この企業のヘッドハンティングに応じることにしたのです。転職は色々と大変ですが、根気強くやれば必ず成功すると思います。

 

48歳 男性

 

自分の可能性を求めてスキルアップを目指すようになりました。そこで、初めて転職活動をすることに決めたのです。働きながらの転職のため、時間を効率的に使えるようにインターネットの転職サイトに複数登録してみました。その中でも、リクルートエグゼクティブエージェントは、豊富な求人数がとても魅力的でした。希望していたシステム開発の経験を活かせるような求人も多い上、ヘッドハンティングも頻繁に行われていると知り、強い興味を持ちました。
リクルートエグゼクティブエージェントに登録して数日後には、気に入った非公開求人を見つけて申し込んでみたところ、面接日程が決まりトントン拍子に採用内定となりました。できるだけ早く希望通りの職場を見つけたいと考えていましたので、本当に助かりましたしホッとできました。親身になって相談にも乗ってくれるアドバイザーの存在は大きく、信頼できる転職サイトなのだと安心しました。
あらゆる勤務条件についてはヘッドハンターがしっかりと好条件を提示してくれましたので、スムーズに内定をとることができて非常に満足しています。専門的な知識や経験、ノウハウを持つリクルートエグゼクティブエージェントだからこそのサービスで転職に成功して嬉しいです。

 

42歳 男性 

 

スイスに本部のある重電企業に勤めて15年目になります。我が国の電力会社や大手の鉄鋼会社、石油化学会社に発電プラントや大型の熱交換器を納入しメンテナンスも含めて活動しています。会社には外国籍の社員も沢山勤務して居り、社内の公式会議は英語が使われています。日本での基盤を更に強固にするため日本の某メーカーを買収する計画が持ち上がり水面下で話が進み始めました。その重大な仕事の責任者に任命されたのです。順調に進みかけた買収の話が某大手銀行によって結果的に破談になり、経済紙でも大きく取り上げられました。プロジェクトの責任者として責任を感じ外国籍の社長に責任を取りたい旨口頭で申し入れしました。その時リクルートエグゼクティブエージェントと名乗る会社の役員の方から連絡を受けたのです。私が担当した買収プロジェクトの件もご存じで新しい業種へのヘッドハンティングの話でした。ヨーロッパ系の金融機関で日本で営業開始を計画しており、そこの責任者としてのお話でした。幸い数日後に責任者が来日予定で有り、一度会って欲しいとの事でした。3人で夕食頂きながら話をしましたが、紳士で知的な感じがしました。一方リクルートエグゼクティブエージェントの役員の方は誠実で冷静で信頼できる人物と認識しました。嫁と相談し、そして相当悩みましたが、自分としては初めての金融関係に挑戦する事に決めヘッドハンティングの話を受ける事にしました。

 

46歳 男性

 

リクルートエグゼクティブエージェントに登録した体験談 リクルート以外も色々な転職サイトに登録して、まずはこれまでの仕事のスキルを認めてもらいヘッドハンティングされるまでの状況を考えて行きます。当然今よりも給与や待遇の良い条件で転職を行う事が必須であり、色々な就職に関しての登録サイトを出来るだけ多く登録します。私もヘッドハンティングされるまでの経緯を考えて、起業も一つの登録サイトだけでは中々目が行き届かない事で、より良い人材を発掘する事が出来ません。こちら側が様々な就職サイトに登録して、それこそ人事の片の目に付く様な経歴を持っている事や資格等もバッチリとあれば、それこそヘッドハンティングも行われやすくなります。
私のケースも沢山の就職登録サイトから、まずはオファーがありそこで面接から条件に見合う企業からのヘッドハンティングを行ってもらえました。数多く登録している事で偏りも無く、沢山の企業からのお話を受ける事が出来てそこで自分の条件とピッタリと合う所を探す事が出来ました。ヘッドハンティングによって今より給与がアップするなど条件の良い所で素晴らしい形で就職が出来た事はかなり良かった事となっています。

 

48歳 男性

 

2008年の12月、リクルートグループのエグゼクティブサーチ専門の転職エージェントである、リクルートエグゼクティブエージェントに登録しました。リクルートエグゼクティブエージェントの特徴は、経営幹部層やエグゼクティブ層、ミドル層のために、ハイクラスな転職支援サービスを提供しているということです。当時、真剣に転職を考えていた私は、少しでも収入が良くなればという理由で、リクルートエグゼクティブエージェントを選びました。実際に、登録後、企業からのヘッドハンティングを待ちましたが、結局、声がかかることはありませんでした。リクルートエグゼクティブエージェントのホームページに記載されている企業は、大企業が多く、求める人物像も、経営者やCEOなど、かなりのエグゼクティブのビジネスパーソンでないと、条件が合う確率は低く感じました。当時30代で、役職もなかった私には、キャリア不足ということもあり、敷居がとても高かったです。リクルートエグゼクティブエージェントで、ヘッドハンティングされることを期待するなら、仕事で経験を積んで、ある程度の実績があれば自然にアプローチがあると思います。私はまだ転職をあきらめていませんので、リクルート以外にも色々な転職サイトに登録して、ヘッドハンティングの機会を心待ちにしています。