ヘッドハンティング転職で成功するには

MENU

ヘッドハンティング転職で成功するには

ヘッドハンティング転職というと、給料が高くなり自分の社会的地位も向上して、権限が大きくなると考えている人も少なくありませんが、現実は決して甘くは有りません。転職したけれど、仕事の内容は前職とほとんど変わらず、給料が下がってしまうということも少なくありません。なぜこのようになってしまうのかというと、転職する際のリサーチが不足しているからです。
一般的に転職をする際には自分のやりたいことが出来る会社かどうか、給料はどのようになるのかといった点についてのリサーチは非常に注意深く行うものです。またいくつかの企業について候補を絞り込み、その中から厳密な比較をして決めるものです。転職をする際の目的が満たされる企業であるかどうかを客観的にチェックした上でないと、現在の地位や待遇を捨てて転職する意味は無いと考えるのが一般的です。しかし、ヘッドハンティングをされる場合には、このような厳密な調査を行わずにエージェントなどの言葉に騙されて転職してしまい、更改してしまうことも少なくありません。
ヘッドハンティング転職で成功するためには、いくつかの注意点が有ります。第一に、通常の転職と同じように十分なリサーチを行うことです。その企業だけではなく、他の企業についても十分に調査して、その仕事内容や待遇などをしっかりと比較することが大切です。特に、知り合いや友人から紹介された企業の場合には注意が必要です。知り合いや友人の紹介の場合、断ってしまうと人間関係に支障が出てしまうのではないかと考えてしまう人も多いものですが、そのような人間関係を利用した転職が上手くいく確率は非常に低く、逆に仕事の上ではその人間関係が大きな支障になってしまうことも少なくありません。さらに、断ってしまって駄目になる人間関係であれば、あまり良い人間関係とは言えないことが多いため、断ってしまった方がよいものです。自分でしっかりと比較検討した上で決めることが非常に重要です。
また、給与面や待遇面については、しっかりと担当者に確認することが重要です。スカウトされたからには現職より待遇が良いだろうと考えるのは早計で、実際には逆に給与面や待遇面が悪くなってしまうことも多いものです。多くの会社は優秀な人材を欲しいと思う半面、出来るだけコストを低くしたいと考えています。その為、給与面や待遇面についてはしっかりと担当者に確認した上で検討することが大切です。
さらにヘッドハンティング転職の成功率を高めるために重要な事は、自分自身がその企業にとってどのような価値の有る人間なのかをしっかりと認識することです。特に知り合いや友人の紹介の場合には、企業としてどの様な点が認められたのか、しっかりとその説明を求めることが必要です。その説明を受けてその価値が自分自身として納得できる物なのかどうかを客観的に理解することが重要です。
しかし自分の客観的な価値を認識するというのはなかなか難しいものです。そのような場合には、ヘッドハンティング会社に登録して自分の客観的価値を評価してもらうことが大切です。これらの会社では専門の転職エージェントがその人の経歴やスキルなどを分析して転職の可能性や価値などを分析してくれるため、冷静に自分の強みや弱みが理解できるようになります。スカウトされた理由と分析結果がある程度近ければ話を聞いてみる価値が有りますが、かけ離れている場合には注意が必要です。
企業の中には安い費用で優秀な人材を使いたいという場合が少なくありません。その為、スカウトした人材に対しての待遇を良くすることはあまりできないという企業も多いため、甘い言葉でスカウトして実際には待遇が悪く仕事内容も満足できない様な職場に入れられてしまうことも多いものです。その為、スカウトされた場合には特に厳密に給与や待遇をしっかりと確認する必要があるのです。
ヘッドハンティング会社に登録することは、客観的に自分の経験やスキルが一般的にどこまで通用するのかを知る上で非常に役立つだけでなく、良い転職先を探すという意味でも非常に有意義なものです。エージェントやヘッドハンターの多くは非公開求人と呼ばれる一般には公開されていない求人を数多く抱えており、その条件に合致する人材を常に探しているため、その条件に自分が合致すればよい仕事に出会えて転職できる可能性が高くなるからです。又、多くのエージェントやヘッドハンターはその人の前職での給与や待遇を理解しており、より高い条件で企業側と交渉してくれることが多いので、自分一人で転職するよりも良い条件で転職できる可能性が高くなります。
さらに、このような会社には複数登録しておく方がより良い条件の転職先を見つけることが出来る確率が高くなります。エージェントやヘッドハンターはそれぞれ持っている非公開求人が異なるので、出来るだけ多くのエージェントやヘッドハンターに出会う為にも、複数の会社に登録しておく方が良い転職先を見つけることができる確率が高くなるのです。