ヘッドハンティングされたら絶対にすべき注意点

MENU

ヘッドハンティングされたら絶対にすべき注意点

ヘッドハンティングとは、他社の優秀な社員に目を付けて、元いた会社より高収入・高待遇で口説いて自社に招きいれようとする企業の採用活動です。かなり欧米的な手法ですが、転職行為が一般的になるにつれ、日本でも徐々に浸透してました。しかし、キャリアアップのための転職やワークライフバランスといった欧米に近い働き方の改革が過渡期にある日本において、ヘッドハンティングはする側も受ける側もまだまだリスクが高い行為と言えます。他社から魅力的な報酬で声がかかったからといって鵜呑みにするのではなく、注意深くそのオファーを自分の状況を見極めましょう。
ヘッドハンティングには2種類あり、1つはあなたを雇いたい企業から直接接触があるパターンで、これが本来のやり方です。それはあなたの会社の取引相手かもしれませんし、あなたが営業で日々訪問している顧客かもしれません。競合会社の人事があなたに目を付けた可能性もありますし、全く別の場所であなたの噂を聞いてオファーを出したのかもしれません。いずれにしろ、人と人との直接のオファーであれば、この後に書く方法よりは多少信頼が置けます。仕事上の付き合いがあり、あなたが普段信頼している人間からのオファーであれば、それでも慎重になる必要はありますが、ある程度前向きに考えても良いと思います。
一方、登録さえしていれば多くの人が経験するであろうオファーが、転職サイトやヘッドハンティング専門のサイトを通した企業からの接触だと思われます。この場合は同じオファーでもピンからキリまであると言わざるを得ません。本気であなたを欲しいが故に好条件を提示する企業もあれば、あなたのカタログスペックだけを見て、類似の人材に手当たり次第オファーを出している企業もあります。もちろん最終的には採用担当者と会って詳しい話を聞くまではわかりませんが、サイト上の情報だけで判断するのは危険なことです。
おすすめしたい善後策として、転職やヘッドハンティングのサイトにいくつか登録しておく方法があります。大手のサイトを2~3箇所選んでもちろん同じ内容で登録しておくのです。そうすると、サイト毎に異なるオファーが届きます。いくつものサイトでいくつものオファーが来れば、それを比較することができるようになります。そこで提示されている条件、待遇などを見比べることによって、オファーの本気度やあなたに対する市場の評価がわかります。それだけをもって自分の市場価値と断言することはできませんが、多数の企業があなたに興味を示していれば、彼らが提示する報酬額の平均値をもって市場価値を考えることはできるでしょう。
報酬だけではなく、業務内容やポジションも重要です。オファーをくれた企業がどんな仕事をあなたに任せようとしているのか、これもじっくり見極めるようにしましょう。営業には営業のオファーが、人事経験者には人事のオファーが来ることがもちろん多いのですが、必ずしもそうではありません。営業として多くの独創的な業績を残した人に企画系の仕事を与える企業もあるでしょうし、専門的なスキルに長けた優秀な技術者にこそ現場の営業を任せたい企業もあります。重要なのはオファーをくれた企業がどういう意図であなたに声をかけたか、なのです。
一度話を聞くだけで決めなければならないわけではないので、様々なサイトを通してオファーをある程度見極めたら、今度はちゃんと一つ一つの企業に会って話を聞きましょう。報酬や待遇の面でも、仕事の内容やあなたに声をかけた意図なども、そこで詳しく聞くことができるでしょう。そこまですれば、様々な判断の軸をもって自分自身の市場価値を見直すことができるはずです。
自分の価値を見直すという意味では、エージェントの利用も効果的です。上記のようなサイトでは無料でエージェントを利用できることが多く、彼らは転職のサポートやカウンセリングをしてくれます。エージェントに今の状況を話し、オファー内容の分析やあなたの市場価値について第三者の意見をもらうというのも非常に重要なことです。自分ひとりで考えるよりは客観的な、それもプロフェッショナルから見た意見を彼らはくれるはずです。
そしてどんなオファーにも回答期限がありますから、そんなに長くはない時間の間で自分の価値を見直し、オファーに対する決断を下さねばなりません。本当にあなたを欲しい企業であれば回答期限を延ばしてくれたり期限を決めずに待ってくれたりするかもしれませんが、それはかなり日本的な考え方です。ヘッドハンティングもビジネスの一貫であり、背景に様々な理由があるにせよ、企業はあなたが自社の利益に資すると思うからオファーを出しているのです。最初に書いたように迂闊にオファーを受けるのはリスクにもなりますが、これはチャンスでもあります。その企業が自身の市場価値を正しく評価して仕事の中身も報酬も満足する条件を提示していると確信できるのであれば、自信を持って一歩を踏み出しましょう。